経済とは、一口に言えば

スポンサードリンク

経済とは、どのような事を指して経済といっているのでしょうか。一口に言えば、生活に必要なもの
(物やサービスなど)を代価と交換する仕組み、その為の流れを指します。

物、サービス、お金が流通していく仕組みのことですね。
大昔のことでいいますと、山に住んでいる人が狩で得た動物の肉や果物などと、海辺で暮す人が
漁で獲った魚などと物物交換に始まり、物と貝殻との交換に発展し、貝殻の代わりにお金と
交換するようになったのはご存知のとおりです。

今の日本でいえば、労働サービスなどに対する代価対価には、日本が国家として
発行している紙幣硬貨が使われています。

経済の簡単分かりやすい例

経済の簡単な分かりやすい例でいいますと、道を歩いていてほとんど、どこの道でも見かける自動販売機。

この自動販売機でジュースやお茶を買って飲む、という事も実は結構すごい経済活動なのです。

自動販売機そのもの、容器、中身などなど原料は輸入しなければならないものや、
加工したり組み立てたりといった労働力など、あらゆるところに「物・サービス・労働」と
代価や対価が使われているのが分かりますよね。

SPONSORED LINK


スポンサードリンク

経済は一つの国だけでは立ち行かない

経済は世界の国家間で複雑な
ネットワークを形成しており、もはや一つの国だけでは立ち行かない
状態にありますね。一般消費者の収入と支出が根底にあり、物・
サービスとの引き換えに企業が利益を上げ、国家の経済状態はこの一般消費者(個人)と企業を反映した結果といえるでしょう。